健康的食生活

私たちが毎日食べている米飯やパン。これらの「主食」を控えれば、肥満や糖尿病などさまざまな生活習慣病が予防、改善できます。食べ物は私たちの健康に密接に関係しています。健康なからだをつくるには栄養バランスのとれた食事が欠かせません。食事の栄養素はバランスよく摂取することで効果的に働きます。栄養バランスのとりかたと、それぞれの栄養素の働きを確認してみましょう。

正しい炭水化物を選びましょう!
単純糖質とは砂糖や小麦粉などのことで、すぐさま消化器官に吸収されます。それにより体内に過負荷が発生し、負担を軽減しようとインスリンが大量に放出さ れてしまいます。出来るだけ適切な量を食べるようにしましょう。一方、複合炭水化物はゆっくりと消化されます。全粒小麦粉、栄養豊富な野菜、オーツ麦、玄 米などのような非加工の穀類に含まれています。これらの食品は通常よりも高いビタミンや栄養素を有しており、消化器官を正常に働かせる役割の繊維質が多く入っています。

最低必要な脂質の摂取確保
一日に摂取が必要な脂質の量は、およそ50gです。これは、多いようですが炒め物をすれば簡単に達成しますし、スナック菓子一袋食べれば30gは摂取してしまいます。肉を食べれば簡単に達成してしまうので、日本人が現代的な食生活をしていればあっという間に満たしてしまいます。

媚薬の効果には、「催淫作用」「発情作用」「体の感度アップ」と3種類の作用があります。